• ホーム  >  
  • 創業100周年 金星製紙の軌跡

金星製紙株式会社 国内初の国産設備による乾式不織布のパイオニア 創立100周年金星製紙の軌跡

金星製紙本社工場外観写真
1917年 創立そして吸収合併

本社高知工場は、大正6年(1917年)に
三浦商工株式会社として創立しました。
戦時中の企業整備により、昭和18年(1943年)4月に
2、3の同業工場を吸収合併し、高知製紙(株)となり、
その本社工場として名声を博してきました。

原料写真
1951年 国内初・国産設備による乾式不織布製造成功

その後、時世の変革を経て、昭和26年(1951年)に
三栄製紙(株)となり、昭和28年(1953年)金星工業(株)
伊野工場と合併。今の当社名である金星製紙と改称
しました。 昭和30年(1955年)不織布の研究に着手。
昭和31年(1956年)通産省の応用研究補助金の
交付を受け、昭和31年(1956年)末、国内で初めて
国産設備による乾式不織布の製造に成功しました。
その乾式不織布は、英語の Bond + Fabric の頭と
尻尾を取り、商標「ボンリック」と名付けました。

原反写真
1956年 「ボンリック」「ボンピエル」を開発・発売

昭和31年(1956年)に「ボンリック」の商品名で、
ドリップシートなどに使用する不織布を発売。
同時期には、食品・メディカル用途に使用する
湿式不織布「ボンピエル」も発売しました。

日高工場外観写真
1989年 新工場建設

その後、時代のニーズに合わせた不織布を生産し、
生産量も増やすため、平成元年(1989年)には
高知県高岡郡日高村に新工場を建設しました。

スパンレース写真
1992年〜2017年 環境への取り組み、そして創業100周年

平成5年(1993年)には、環境問題をテーマに
全社を挙げて開発した製品、ペットボトル再生原料を
使用した「エコボンリック」が高知県地場産業大賞を
受賞。 そして、不織布製造のパイオニアとして
歩んできた金星製紙は、平成29年(2017年)
おかげさまで創業100周年を迎えました。

JAB CM009 認定シンボル
ISO14001 認証マーク

本社・高知工場
日高工場